ぶらり散歩 - 江の島・みなとみらい(江の島編)

2013.03.20 Wednesday

もうこれ以上アレを我慢していたら精神崩壊ぎゃー。
ということで・・・

ついに!ついに!!ついにーー!!!!
フルサイズセンサーを搭載したデジタル一眼レフカメラ「EOS 5D Mark III」を購入しました!!
夢のフルサイズ機です!いつかはフルサイズと思い続けてようやく自分の手元に。

6Dにするか悩み続けましたが、どうせ買うなら妥協しないで自分が満足して気持ちよく撮影できた方がいいと思い、相当無理して5D3を選びました。
EOS Kiss Digital X → EOS 7D → EOS 5D Mark III
なかなか良い感じのステップアップです。

最近撮影意欲が減ってきていたし、もうすぐ新年度という丁度良い節目に新しいカメラを導入できたので、
これでまた気分一新して楽しく写真撮影ができそうです。
しかし、カメラが趣味なら避けては通れぬレンズ沼という沼がありまして、物欲はいつまでも尽きないでしょう・・・

前置きはこのくらいにて、早速週末に5D3で撮影をしてきました。
5D3といえば高感度に定評があるので、その実力を試すべく夜景を撮影してみることに。
夜景といえば、みなとみらい。
みなとみらいまで行くのなら、横浜周辺を撮影すると面白いんじゃないかと思い、昼間は江の島へ行くことにしました。定番の撮影スポットですね。

というわけで、まずは「江の島編」をどうぞ!

江の島はアップダウンが激しい曲がりくねった小路と、自然豊かで風情漂うお店が特徴的です。
こういう雰囲気いいですよね〜。

江の島ぶらり 01
江の島ぶらり 04
江の島ぶらり 08
江の島ぶらり 07
江の島ぶらり 12

ぐんぐん登ると都心から近いと思えない景色が広がります。

江の島ぶらり 02
江の島ぶらり 11

河津桜がちょうど満開でした。

江の島ぶらり 06

江の島といえば、しらす丼。たくさん歩いた後、海を眺めながら食べるしらす丼はうまいっ!

江の島ぶらり 09

久々に観光地でスナップ撮影をしてみましたが、さすがは最新型のフルサイズ機。
レンズの性能と相まって江の島の空気感を捉え、レスポンスも上々で軽快に撮影できたので、
文句なしのカメラです。

ちなみにカメラの設定は基本的に絞り優先、AWB、ISOオート、ピクチャースタイルは忠実設定(シャープネス+3)で、現像はLightroomで露光量とWBを軽く調整し、一部トリミングした程度です。
レンズはEF24-70mm F4L IS USMです。

江の島を後にして、次は江ノ電に乗ります。

おたのしみにー。

払沢の滝

2013.02.24 Sunday

今年も檜原村の「払沢の滝(ほっさわのたき)」を撮影してきました。
氷結状況は去年と比べると良くなかったですが、神秘的な雰囲気は漂っていました。

払沢の滝
払沢の滝
氷結した滝。滝の撮影は難しいですねー。


渓流
滝は諦めて冬の渓流をスローシャッターで。


温度計
日中はだいたい2℃


ようこそ

レンズは「EF24-70mm F4L IS USM」を使いました。
滝と氷結の質感がしっかり出てくれました。木の質感もよく描写されててボケ味も自然です。24mmからでも案外使えるので17-40mmの出番が・・・

現像はDPPを使ってデジタルレンズオプティマイザ(DLO)を適用させて書き出してみました。確かにLightroomより解像感がいいかもしれません。
調子に乗ってフィギュアの写真で試したところ色味が変わってしまいました。謎。
作品ごとに使い分けた方がいいかもしれませんね。

ではでわ。

Canon EF24-70mm F4L IS USM 作例

2012.12.22 Saturday

F4通しで手ぶれ補正機構が搭載され、マクロ撮影までできるという万能なレンズ。

今うちにあるメインのズームレンズは17-40mm F4Lなのですが、もう少し望遠が欲しいと思うことが多く、24-70mm F2.8Lがあれば完璧だけどお値段がね〜と思っている最中、突然キヤノンからF24-70mm F4L ISというレンズが発表され、F2.8通しではないけれど、その分価格が抑えられており、なんとか僕でも無理すれば購入できる範囲だったので、思いきって自分へのクリスマスプレゼントとして買ってしまいました!

こういう万能系は画質が心配になりますが最新のLレンズなら問題ないでしょ。
IS付きでマクロ撮影までできてしまえばワンフェスのときに頼りになりそうだし。

てことで発売前に予約し、我が家に届きましたので早速撮影してきました。

あいにくフルサイズ機は持っておらず、7Dでの撮影ですがAPS-Cではどのような描写になるのか、参考になれば幸いです。


20121222-IMG_3708
まずはニャン太、24mmの開放ですが、背景のぼけ具合は柔らかく、毛もきちんと解像していますね。

20121222-IMG_3755 続いてニャン太、ローアングルで撮ってみました。手前のブロックがもう少しぼけてくれると良い雰囲気になりそうですがF4なら仕方ないか。


20121222-IMG_3727
こちらも絞り開放で撮ってしまいましたが、クリアでシャープです。


20121222-IMG_3723 盆栽です。何気ない物でも良いレンズだとそれっぽく描写してくれます。


20121222-IMG_3687
薄暗い中なのでSSが1/25になりましたがIS付きのおかげで手持ちでもブレずに撮れました。タイルの質感もよく出てます。


20121222-IMG_3780 逆光での撮影ですが、ゴーストやフレアが見られませんね。


20121222-IMG_3778 マクロ機能も試してみました。マクロもなかなか、と言いたいところですが、水滴とレンズかなり近寄って(レンズフードはテーブルに付いてます)撮らないとピントが合いませんでした。マクロはおまけ程度と考えた方が良さそうです。


20121222-IMG_3801 帰る頃には夕焼けが綺麗で見た目以上の美しさに。


以上、EF24-70mm F4L IS USMの作例でございました。


夕方から数時間程度の写真だけですが、Lレンズということだけあって、色乗りとヌケがよく、現像で補正をほとんどしなくても夕方の雰囲気がきちんと出てくれたし、良いレンズではないでしょうか。でないと困るのですがw
単焦点のように前後して構図を合わせるという楽しさは少なかったですが、どのような状況においても綺麗に残せるというのがこのレンズの最大の魅力だと思います。
旅行の際にはこのレンズと、「EF70-200mm F4L IS」があれば快適な旅ができそうです。

あとはフルサイズ機だー!地道に頑張るぞー!

どわっ!

ちなみに7Dに装着するとこんな感じになります。
新しいレンズきた

昭和記念公園のイルミネーション

2012.12.16 Sunday

最近新しいカメラとレンズが無性に欲しくて某価格比較サイトとにらめっこの日々なのですが、 そんなの見てる暇があったら外に出て写真を撮りなさい、という天の声が聞こえたのでお出かけしてきました。

この時期はイルミネーションですよねー、てことで昭和記念公園のイルミネーション「Winter Vista Illumination 2012」を見てきました。
さがみ湖ほどではないですが美しく輝いておりましたよ。

カナールと大噴水
昭和記念公園のシンボル的なカナールと大噴水


カナールと大噴水
噴水の反対側から見ると夢幻的


ツリー
冬のイルミネーションって感じ


シャボン玉
シャボン玉もなかなかロマンチックですね


ファンタジア トレイン
茨城で走ってそうな煌びやかな乗り物


ジャンクアート
ソウルジェムを彷彿させるジャンクアート


ミニコンサート
寒さを忘れてしまうくらい素敵なミニコンサート


屋台
夜の屋台も良い雰囲気


以上、昭和記念公園のイルミネーションでした。

今回は三脚を使わずにISO1600以上で手持ち撮影してみたのですが、縮小して載せれば問題ないですね。
等倍で見ちゃだめですよ!
というわけで、カメラはもう少し後にして新しいレンズに投資した方がいいかも。

それではこの辺で。でわでわ。

相模原のイルミネーションを見てきたので

2012.12.02 Sunday

銀河の海
さがみ湖リゾートプレジャーフォレストで開催中の「さがみ湖イルミリオン」を見てきました。
昨年は時期を逃してしまい行けずじまいだったのですが、今年は本格的に冷え込む前に重い腰を上げて出かけてきました。

そんな訳で、イルミネーションの写真でございます。どぞー!

哀愁漂う彼岸花にうっとり

2012.10.20 Saturday

20121008-IMG_9568
巾着田の彼岸花

埼玉県日高市にある巾着田に咲く彼岸花(曼珠沙華)を撮影してきました。
ここには毎年来ているのですが、昨年は早すぎてほとんど咲いておらず、逆に今年は遅すぎて花が枯れてきていて色がくすんでいました。土日しか出かけられないのでタイミングが難しい。

今宵はBlue Moon♪

2012.09.01 Saturday

決して新宿や六本木にある怪しげなお店に行ってきたわけではないです。

仕事帰りにツイッターのTLを読んでいると「今日の月はブルームーンなんだぜー」
というPOSTがあり、んんん、それは気になります。
ということで調べてみたら、ひと月のうちに満月が2回あるとき、2回目の満月のことを「ブルームーン」と呼ぶそうです。
1回目は「ファーストムーン」と呼び、8月2日が満月だったようです。
月が青く見えるわけではないですが、この月を見ると幸せになれるそうなので、目を見開いて拝んでおきました。

そして、こういうイベントは、にわかカメラマンの血が騒ぐわけであります。
帰宅後ご飯を食べたら、カメラを準備して早速ブルームーンを撮影してみました。

ブルームーン
[撮影DATA] Canon EOS 7D / EF400mm F5.6L USM (f8 0.5 ISO400 3700K)

まだらな雲が月にかかってくれたおかげで幻想的に撮れました。
闇夜に浮かぶ月……ククク

そんな妄想に耽っていると雲も無くなり満月が輝きました。

満月
[撮影DATA] Canon EOS 7D / EF400mm F5.6L USM (f8 1/60 ISO100 太陽光)


そんな感じでブルームーンを楽しみました。

紫陽花

2012.06.24 Sunday

自宅の庭にあるアジサイが咲いたので写真を撮ってみました。

この前撮影した花菖蒲は三脚を使ったにもかかわらずブレていたので、今回はブレに注意し、ミラーアップモードで撮影してみました。この機能のこと、すっかり忘れてました・・・。
カメラロール-1401
さらにライブビューを使ってピントを合わせたので、今回はバッチリです。
接写は時間をかけて1枚ずつ丁寧に撮らないとダメですね〜。

で、今回の写真はこちら。

アジサイ
Canon EOS 7D / SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG (1/160sec F2.8 ISO100) Lightroom2.7

もっとアップで柔らかい雰囲気を出したかったけど、50mmマクロではこれが限界。

そして、ミクさん登場!ミクさんはいつでもどこでも絵になります。
あちこち連れ出しているので、だいぶ汚れが・・

ミク
Canon EOS 7D / SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG (1/160sec F2.8 ISO100) Lightroom2.7


というわけで次は100mmマクロですかね。
その前にミラーレス一眼が欲しかったり、車の方もいじってみたかったり、欲しい物が尽きないのであった。

花菖蒲の季節なので

2012.06.17 Sunday

青梅にある吹上しょうぶ公園に行ってきました。
雨上がりに行ったので味のある花菖蒲が撮れたかな。

花菖蒲

花菖蒲

睡蓮

たまにはこういう静かな場所で花の写真をじっくり撮るのも楽しいです。
構図に関しては・・・花は難しいっ。

それでわわん。

秩父の芝桜

2012.05.09 Wednesday

羊山公園 芝桜の丘 羊山公園 芝桜の丘

普段は静かな秩父も芝桜シーズンは人と車で溢れかえります。
いつものように朝一で行動して、ささっと帰りました。

駐車場から芝桜の丘へ行く途中にあった畑が良い雰囲気で、芝桜よりこっちの畑の方が好き。

秩父の畑