僕が求めていた景色がそこにはあった久高島

2017.05.07 Sunday

沖縄久高島の景色

 

今年の大型連休は旅をしたい気分になり、ずっと前から行こうと思っていた沖縄へ行ってみることにしました。
沖縄本島は何回か行ったことがあるのでまだ行ったことがない穴場的な場所がいいなと思って調べていたら、フェリーで15分で行けるという「久高島」が良さそうな予感がしたので行ってまいりました。
Wikiによると「琉球の創世神アマミキヨが天からこの島に降りてきて国づくりを始めたという、琉球神話聖地の島である。」
神の島・・・!すごい島を見つけてしまった。

 

船から降りると、静かで海が綺麗で自然のままの景色が広がっていてとにかく最高でした。
そんな絶景をカメラに収めてきたのでよかったらご覧くださいませ。

 

 

久高島へのアクセスは安座真港から高速船で約15分、料金は往復1,460円です。
2種類の船があるみたいですが僕のときは高速船しか運航していませんでした。

 

安座真港にあるこちらの建物でチケットを買います。

 

高速船のニューくだかIII

 

船の中です。穏やかな海なので酔いませんでした。

 

あっという間に久高島の徳仁港に到着。

 

ちょっと歩いただけでこの景色ですよ。

 

映画のワンシーンのような景色。

 

港のすぐ近くにお店があるので自転車を借りて気ままに島を散策します。

 

まずはとにかく久高島の海をご覧ください。
透明度の高いエメラルドグリーンの海、白い砂浜、日本にもこんなに美しい海があるのです。
久米島のときも感動しましたが、こちらも感動的な美しさでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうですか、この海と砂浜。植物も普段見られない南国のものばかりでどこもかしこも感動的な景色です。
合成ではないですよ。見たままの景色です。
PLフィルターを付けないと透明感が出ないのでPLフィルターと広角レンズはマストアイテムです。魚眼レンズがあるとなお良いですね。

 

 

久高島の道も南国的で冒険してる気分にさせてくれてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自転車をルンルンでこいでいると神々しいガジュマルの木や謎の実があったり、猫もちらほら出現します。

 

 

 

 

 

 

 

 

集落もあります。古き良き沖縄の原風景という感じです。

 

 

 

 

 

 

 

基地局もあるので電波は問題ありません。(手前がドコモ、中央は不明、奥がau)

 

 

そんな感じで景色と撮影を楽しみながらゆっくり島を一周してみました。
3時間もあれば余裕で一周できて充分満喫できます。

 

お昼は食事処「とくじん」で久高御膳をいただきました。さっぱりとした味で美味しかったです。
本場のもずくは歯ごたえと甘みもあって美味しいですね。

 

 

というわけで、久高島の景色をお届けしました。
久高島を一言で表すならば「マジやばくね」
沖縄の原風景、透き通った海、爽やかな海風、穏やかな波の音、抜けるような空、それはもう贅沢すぎる時間でした。
また一つ素晴らしい島を見つけてしまいました。
人も少ないのでゆっくりのんびりできます。
本島からフェリーで15分とアクセスもいいので機会があれば行かれてみてはいかがでしょうか。

 

久高島へ行く際ですが、日陰が無いので日焼け止めと帽子があるといいですね。
目が弱い人は似合わなくてもサングラスがあると目が楽です。
神の島ということで立入禁止の場所もあるので島のルールを守って楽しみましょう。

 

それではではー

 

 

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL