Apple整備済製品 MacBook Pro 15インチ(Mid 2015)開封の儀

2017.01.21 Saturday

Apple整備済製品 MacBook Pro(Mid 2015)

 

メインで使っていたPCの調子が悪く、すぐにフリーズしてイライラするので新しいPCを買いました。
Windows7の発売に合わせて自作したPCなので、今までよく頑張ってくれたと思います。

 

今度も自作しようかなー、と思ったりもしたのですが、昔からMacBook Proに憧れがあったので今回はMBPにしました。
どうせなら新型がいいと思って長いこと待ったものの、発表されたMBP2016はメモリが16GBまでだったり、タッチバーの必要性は感じなかったし、Proらしくないスペックという印象だったので、結局安くなった旧型の整備品「MacBook Pro Retina 15インチ (Mid 2015)」を購入しました。
整備品ということで傷や汚れが心配でしたが全く問題なく、むしろ新品と変わらないので、いい買い物ができたかな、と思っています。
自作すればもっと高スペックなPCを組めるじゃん、というツッコミは無しで。

 

購入から2ヶ月ほど経ったので、簡単に感想・レビューをしてみることに。

 

外箱

じゃん!外箱です。整備品の箱は文字だけで寂しいです。

 

開封

開けてみました。さすが美しいデザイン。15インチは思ってたより大きいです。

 

梱包

新品同様に梱包されています。

 

説明書

説明書も一式入っています。りんごのシールもちゃんと入ってました。

 

MacBook Pro

MacBook Pro!!

 

MacBook Air 11インチ

MacBook Air 11インチと比べてみました。

 

同じ厚さ

ほぼ同じ厚さだと・・・!

 

デュアルディスプレイ

で、今はこんな感じでデュアルディスプレイで使ってます。

 

2ヶ月ほど使ってみて

 

性能については今の所全く問題ありません。
ちなみに仕様は以下の通りです。
・CPU:Core i7 2.5GHz
・メモリ:16GB 1600MHz DDR3
・ストレージ:SSD 512GB
・グラフィックス:AMD Radeon R9 M370X (2GB)

 

ノートPCをメインで使うことに抵抗がありましたが、MBPならメインPCとして十分動いてくれました。
僕の使い方はLightroomで現像、Photoshopで加工、Dreamweaverでコーディングくらいですが、どの作業もサクサク快適に動きます。
学生のころからMacでDTPをやっていたので、操作については問題なく、やっぱりMacを使っていると落ち着きます(汗)
音が静かなのもいいですね。外付けHDDを止めると無音です。写真を20枚くらい書き出すとファンが回り出すかな。

そして、なんといってもRetina Displayが素晴らしいです。
視野角が広く、色の再現性も良くて写真は立体感があります。
また、ドットがほどんど見えないので文字が読みやすいです。

 

ただやはり15インチでは作業スペースが狭いので、メインディスプレイは今までの24インチを使って、MBPをサブ画面で作業することにしました。
そのまま机の上に置くと目線の移動が疲れるのでスタンドを買ってみたら、見やすくなって良かったです。
だったらiMacでいいじゃん、という声も聞こえてきそうですが、お店で動かしてみるとたまにワンテンポ遅れるというか、もたつきが気になりました。
カスタマイズすれば解決するかもしれないけど、それだと予算オーバーなのでMBPになったのです。

 

以上、簡単なレビューでございました。
久々に高い買い物をしてしまいましたが、これならあと5年は戦えそうです。
5年後、Appleから予想もしない凄い製品が出てくるといいなぁ。お金を貯めておかなければ・・・。

 

それではっ。

 

JUGEMテーマ:Macintosh

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL