東芝のコンパクトフラッシュを買ったので測定してみた

2016.01.27 Wednesday

TOSHIBA EXCERIA CF-EZ064

 

コンパクトフラッシュを追加購入したので、ベンチマークテストを行いました。

 

 

いつも使っている16GBのCFカードでは容量が足りず、別のカードと差し替えるのが面倒だったのと、大容量のCFが安くなっていたこともあり、64GBのCFを新たに購入しました。
お迎えしたCFは割と評判が高く価格もお手頃な東芝の『EXCERIA CF-EZ064 64GB』です。
スペックは以下の通りです。
最大転送速度:150MB/s 最大書込速度:120MB/s UDMA 7

 

それでは、早速CrystalDiskMarkで計測してみます。
バッファローのカードリーダー『BSCR20TU3』を使用してUSB3.0接続です。

 

EXCERIA CF-EZ064 64GB

うーんどうでしょう。数字は苦手なので評価は省略しますが、まずまずの速度でしょうか。
もうちょっと速度が出ると思ったんだけど、少し期待しすぎたかな。
PC環境の影響で性能を出し切れていない可能性もありますね。
とはいえ、5D3のカメラにセットしてJPEGで連写してみたら途切れることなくシャッターが切れたので問題はなさそう。
RAWだと33枚目くらいから遅くなりましたが止まることはなかったです。
あとは現場でトラブルが起きないことを願います。

 

ついでに、いつも使っているカードも測ってみました。

 

一つ目はいつ買ったか覚えてないほど昔のサンディスクのCFカード『SDCFX-016G-J61 (16GB)』
最大転送速度:60MB/s 最大書込速度:60MB/s

 

SDCFX-016G-J61

まぁこんなもんですね。
未だにエラーが出ることなく使えているのでさすがサンディスクといったところ。

 

 

二つ目はコスパ重視で選んだトランセンドのCFカード『TS16GCF600 (16GB)』
最大転送速度:92MB/s 最大書込速度:87MB/s UDMA 7

 

TS16GCF600

あれ?全然期待してなかったのに速いぞ。これは当たりカードだったか。
ただ、真夏の鈴鹿で一回だけ謎のエラーが出たので少々怖いカードです。

 

 

以上!!

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL