ククク…コトブキヤ 羽瀬川小鳩のフィギュアレビューを見るがいい

2013.10.14 Monday

羽瀬川 小鳩

小鳩ちゃんキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
思わず叫んでしまうほどちっちゃくて可愛くてキュートな容姿はまさに国宝級の逸品。吸い込まれそうです。

ワンフェス2013冬で原型を見たときに、これは絶対に保護しなければという強い使命感が生まれてしまい、この日から小鳩ちゃんのフィギュアのことで頭がいっぱいだったとかないとか。
コトブキヤのショーケースに飾られていたデコマスを見に行ったりもして、とにかく楽しみなフィギュアでした。

そしてついに・・・首を長くして待ち続けていたコトブキヤの「僕は友達が少ないNEXT 羽瀬川 小鳩」フィギュアが届いたのです!

羽瀬川 小鳩
嗚呼、実にお美しい。
ふんわりと柔らかな少女なのに小悪魔的な雰囲気と天使の微笑みを浮かべる小鳩ちゃん。
このポーズと表情はブリキ氏描き下ろしの僕は友達が少ない Blu-ray&DVD第5巻のイラストをもとに立体化されています。


羽瀬川 小鳩

羽瀬川 小鳩

羽瀬川 小鳩
小鳩ちゃんの幼い顔をアップで。ハァハァ・・・
左右美しく再現されたオッドアイの瞳が不思議な魅力を持つ厨二病少女を作り出しています。
角度によっては平たく見えるのですが、見慣れてくるとこれはこれでとてもイイ。


羽瀬川 小鳩

羽瀬川 小鳩
フワッと広がるスカートが特徴のゴスロリ風キャミソールワンピは露出高めとなっており、とてもセクシーな衣装です。
コルセットの赤い紐やガーターベルトの金具が塗り分けられていたり、控えめな胸元のシワやペティコートがクリア素材になっていたりと丁寧な作りでこだわりが感じられます。


羽瀬川 小鳩

羽瀬川 小鳩
見てくれと言わんばかりのポーズ。もしや誘っているのかっ。
黒のガーターベルトと黒のパンツ、そして太もも・・・ありがたや〜ありがたや。
どう考えてもベストショットです。


羽瀬川 小鳩

羽瀬川 小鳩
上から見てみると肩周りの露出した美肌と反った幼い背中を確認することができる絶妙なアングルです。


羽瀬川 小鳩
ブロンドヘアはクリア素材にパール塗装が施され、毛先に進むにつれて透明感が増すグラデーションになっており、ふんわりと軽やかな印象を与えています。


羽瀬川 小鳩
ゴスロリファッションにはなくてはならないヘッドドレスと赤いリボンもとても可愛らしく再現されています。
頭部は若干作りが粗いように感じれれます。


羽瀬川 小鳩
ツギハギ感が見事に出ているツギハギうさぎは手抜きを感じさせない丁寧な作りです。


羽瀬川 小鳩
もう一つ小物で気合の入っているのがゴシック調の椅子です。
まるで彫刻のような模様にはスミ入れが施され芸術作品とも言えるべき仕上がりになっています。
座面には起毛素材が使われ質感も上々です。


羽瀬川 小鳩

羽瀬川 小鳩

羽瀬川 小鳩

羽瀬川 小鳩
こうして全体的に見てみると厨二病設定の闇の世界というより、優しく上品で生き生きとした雰囲気が特徴ではないかと思います。


羽瀬川 小鳩

羽瀬川 小鳩

羽瀬川 小鳩
外箱はゴスロリ系をイメージさせるオシャレなデザインになっています。


というわけで、コトブキヤ 羽瀬川小鳩のフィギュアレビューでした。
これはもう羽瀬川小鳩フィギュアの決定版と呼ぶにふさわしい作品ですね。
小鳩ちゃんの可憐な魅力を余すところなく完璧に立体化しています。

ロリフェイスとは裏腹に大胆なセクシーコスチュームを身にまとい、幼いスレンダーな体型を露出させ、椅子にちょこんと膝立ちして躍動感あるポージングで微笑む小鳩ちゃん。ただ可愛いだけでなく上品さもあって本当に素晴らしい作品でした。


折角なので撮影後記的なことでも。

フィギュアを撮り慣れていないのと文章を書くのが苦手なので届いてから記事をアップするまでだいぶ時間がかかってしまいましたが、素晴らしいフィギュアだったので頑張ってレビューしてみました。

今回もベッドの上に厚紙を置いてライトは部屋の照明と間接照明だけという即席スタジオで撮影しています。
背景は小鳩ちゃんの透明感と品のある雰囲気を出したいと思い、あえて白にました。もう少し白さが欲しかったのですが、調整すると肌色が青白くなってしまい、白は意外と難しいことが判明。

レンズはEF24-70mm F4L IS USMのマクロモードを使っています。画質が悪いという印象だったのですが、改めて見てみるとそんなに悪くないですね。
とはいえ100mmマクロ欲しいな〜。

といった感じですかね。

相互リンクさせていただいている「ヲタにつける薬なし」さま、「アキバフォトグラフィ」さまが早速レビュー記事を公開していましたので、あちらの小鳩ちゃんも是非。
これからも参考にさせていただきます^^;

» このポージングにどういう意味があるか分からない、ただ・・・可愛い。コトブキヤ「僕は友達が少ないNEXT」羽瀬川小鳩 フィギュアレビュー(ヲタにつける薬なしさま)
» アキバフォトグラフィ - フィギュア撮影 コトブキヤ 羽瀬川小鳩(アキバフォトグラフィさま)


そろそろ終焉のレクイエムを奏でよう。クックック・・・さらばだ愚民共よ。

2羽瀬川小鳩
コメント
ご無沙汰です。
顔のアップですが、顔半分がぼけているのは意図的なのかな?
個人的には顔全体がぼけないように少し絞るかな?
絞り優先でシングルポイントAFかMFで撮りますね。
発売1週間以内に70Dに買い換えました。
ライブビューのAF超速いです。
メインのレンズは60Dのときに購入した18-135/f3.5-5.6 IS STM。
100/f2.8L IS USM持ってるけど、単焦点あまり使っていないですね。
では、またいつか。
  • by らんぶ
  • 2013/10/14 6:45 PM
> らんぶさま
貴重なご意見どうもです!
柔らかいイメージを出そうと思ったんだけど、ぼけすぎたか・・・。
70Dのライブビューはまだ試してないけど評判はいいよね。
ズームは便利だけど描写が違うからね〜。臨機応変に使っていきたいかな。
ではでは。
  • by ゆかた
  • 2013/10/14 9:27 PM
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL